ウイング”Wing surfing”!

去年の春に初めてウイングという乗り物を見てから早一年。最近は甲子園浜でもよく見かけるようになりましたね。

SUP業界を中心に流行っていくのかと思っていましたが、どうやらSUPだけでなく、ウインドやカイトの愛好家の間でも流行ってきているようです。

去年初めてウイングの試乗をさせてもらった時は、ウイング&SUPボードというスタイルでしたが、現在はやはりウイング&フォイリングというスタイルがメインです。海外の動画でも皆フォイルで浮いてますしね。

使っているウイング・フォイル

TAKUMA WING RIDEⅢ

今使っているウイングはこちらの「TAKUMA WING RIDEⅢ」。サイズは6.0㎡で、色は鮮やかなイエローです。WING RIDEは今年ですでに3世代目。

NSP DC SUP FOIL 6’10”

ボードとフォイルはともにSUPブランドの「NSP」からセレクトです。ボードは全長208cmと短いですが120Lのボリュームがあるので、だいぶ安定感あります。

練習始めのうちはストラップは無くても全然問題なさそうです。むしろ変なコケ方して足首ひねることがないのでストラップ使わない方が最初はいいかも?です。

NSP AIRWAVE

フォイルのフロントウイングは2000c㎡あるので上手くなれば3~4m/sから浮けそうです。3m/sから浮くためにはフロントウイングのサイズは重要で、特に慣れないうちはなるべく大きいものを選んでおいた方が練習しやすそうです。

ウイング練習3回終了!

これまでで、3回ほど上のセットを使って練習できました。1回目、2回目はブローで3~4m/sあるかどうかという渋めのコンディションだったので、僕の技術では全く浮けませんでした。。。

ただ3回目はアウトに出れて、かつ風も4~5m/sほどが安定して吹いている状況だったので、それなりに浮いて走ることができました。

ウインドのようにマスト荷重でボードを抑えることはできない分、両足を置く位置や荷重の加減が少しシビアな感じはしましたが、もう少し乗れば慣れそうな感じでした。

ウイングの操作に慣れてないと結構変なコケ方をしますが、それでもセイルアップしなくていい分、復帰も早くて風下に流される心配も全然なかったです。

wingは試乗もできるので、興味ある方のチャレンジお待ちしています。一緒に練習しましょう笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP