お知らせ

ウイング試乗できます!

初めてでも浮けるかも!?

操作方法が初見ではわかりづらいウイングですが、実はそんなに難しいことはないようです。あまり細かく乗り方を気にしなくてもなんとかなる、自由な?乗り物だと思います。

ウインドではジョイントと両足の3点でボードにパワーを伝えますが、ウイングでは力をボードに伝えるものが両足のみとなります。

なので、ウインドに比べてウイングでは両足の役割がとても大きくなります。両足の荷重の仕方でボードを風上に向けたり、ボードを浮かせたり抑えたり…

始めは荷重の仕方がウインドに比べてシビアに感じるかもしれないですが、少し慣れたら対応できてくると思います。

既にウインドフォイルをやっている方であれば、フォイルの浮かせ方、抑え方はウインドもウイングも似てるので初めてでも十分浮けますよ。

パドリングで帰れば大丈夫

操作の仕方がいまいち分からなくて帰れるか心配という方!どうしても風上に上れなくて帰ってこれない場合は、パドリング(ボードにうつ伏せになって両手で水を掻く)すれば必ず帰ってこれます!

ウインドではセイルが水に沈むのでパドリングで帰ってくるのは相当しんどいですが、ウイングの場合は水に浮いてくれているので抵抗が少なく、パドリングでも十分進みます。

風が弱かったり、うまく上れなくて帰れる感じがしなかったら大人しくパドリングに切り替えて帰ってきましょう。

ウイングはいろいろと手軽

ウイングは空気で膨らませるだけなのでセッティングはかなり楽です。セッティングするだけで体力消耗するこの時期、助かります。

あとはセイルアップしなくていいのもウイングの魅力の一つかもしれません。風の力で勝手にウイングが浮いてくれるので、セイルアップなしで強風下でも楽ちんです。

3~4m/sから浮くためには、ちょっとしたコツを掴まないといけないですが、これはウインドでも一緒ですよね。ウインドフォイル慣れてる方なら、操作の仕方に慣れたらすぐ浮けます。

もちろんフォイルやってない方でもチャレンジできますよ!ウインドフォイルよりゆったりしたスピード感なので怖さは少ないかもしれませんね。

メンバーさん用に試乗用のウイングを用意しているので、タイミング合う時があればどんどん試乗してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP