その他

神奈川ゲレンデ見学ツアー

久々のブログ更新。。。

前回の更新からだいぶ日が空いてしまいました。1月は冬休みを頂いたので本を読んだり昼寝をしたりゆっくり過ごすことができました。本当はウインドの練習もしっかりしたかったのですが、如何せん風が無く全然乗れませんでした、、

冬休みのあとは神奈川のゲレンデを巡るツアーに出発。たくさんのショップさんを訪問して、スクールやショップワークにまつわる色々なアドバイスを貰ってきました!

津久井浜

最初に訪れたのは津久井浜TEARSさん。津久井浜はワールドカップの開催地で、今年も4/17~22の日程でワールドカップの開催が決定しています。
津久井浜は駅から徒歩5分ほどという好立地。駅には大体的にワールドカップのポスターが貼ってあり、商店街や各企業も一体となってウインドを盛り上げていこうとしてくれている気概を感じました。素晴らしいです。

TEARSさんでは香村さん始めスタッフの皆さんによくして頂きまして、施設の見学だけでなく、MRCの練習会やメンバースクールも体験させてもらいました!

MRCの練習会は冬の早朝の時間帯にも関わらず10名以上の方が参加しており、2時間みっちり練習でした。

逗子海岸・鎌倉材木座

続いては逗子海岸。逗子以降はアポ無し突撃訪問で、軽く施設の見学をさせてもらったりゲレンデの雰囲気を見てきたりという感じでした。突然の訪問にも関わらず親切に案内をして頂きましたスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

逗子は関東近辺ではマリンスポーツのメッカ的ゲレンデで「皆逗子で海遊びを覚えていく」といわれるほど。海岸近くにはウインドのショップだけでなく、カヌーショップやマリーナなどマリン関係の店舗がたくさん立ち並んでいます。

逗子海岸は特にSUPする人が多いらしく、夏のスクールシーズンには海岸一面にSUPが並ぶそう。ウインドとSUPどっちもやる方もいて、風があればウインド、風がなければSUPでどんなコンディションでも海で遊べてしまうようです。素晴らしいです。

甲子園浜でもウインドとSUPを使い分ける楽しみ方はとてもアリですよね。特に夏は午前中風がなくて午後から吹いてくるパターンがほとんどなので、午前SUP午後ウインドという風に1日しっかり遊べます。甲子園浜1周コースとかもできます。

鎌倉では材木座海岸へお邪魔しました。この辺りから関東一円に寒波が到来してきてとても寒かったです。風があればレンタルでウインド乗りたかったのですが残念ながら風はいまいち。ただ鎌倉駅周辺はたくさんの観光客で賑わっていました。駅から海岸まで歩いて20分ほどかかりましたが道沿いにお店も多く、あまり距離を感じることはなかったです。

江ノ島

最後は江ノ島へ。江ノ島は東京オリンピックのセーリング競技開催地。周辺の飲食店などはなかなか盛り上がっているようです。江ノ島も観光地だけあって交通のアクセスは抜群。ショップも海岸と近くウインドも楽に楽しめそうな感じでした。

この日は朝から強風だったので、海は賑わっているかと思ったのですが、平日でさらに寒波が直撃していることもあったのか残念ながら海には誰もいませんでした。
ただ海岸から駅へ向かう途中、ドライスーツをきたローカルサーファーらしき人物が、サーフボード片手に自転車を漕いで通り過ぎて行きました。「湘南」らしさを垣間見ることができて良かったです。

まとめ的な

今回訪れたショップだけでなく、近辺のほとんどのショップが冬の間もスクールを開講していて、土日を中心に多くの方が受講されているようでした。MRCの練習会もそうですが、みんなで集まって楽しく真剣に練習しているゲレンデの雰囲気はいいものだなと感じました。

僕も空いた時間はもっとウインド乗っていこうと思ってます!皆さんも一緒に楽しく乗りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

menu