スクール

ウインドサーフィンスクール2020①

スクール再開お待たせしました

先月末からようやくスクールの受付を再開できて、早速たくさんの方にスクールのお申し込みを頂いています!

外で体を動かすことすら躊躇われる毎日で、もどかしく思っていた方も多いはずです。

例年5月末〜6月のこの時期はまだスクールも落ち着いているのですが、今年はスクール再開を楽しみに待って頂いていた方も多く、土日を中心に定員となる日も出てきました!

今年はウイルス感染対策として↓こちらの防水インカム”BB TALKIN”も活用しながらスクールを進めています。

障害物の無い海上では1km以上離れていても会話できる便利なグッズ。近寄ってアドバイスしたり質問したりという感染リスクを少し減らせるのではと思っています。

海上では、普通大きな声で話さないと聞こえないですしね。

微風でのウインドサーフィンスクール

ウインドサーフィンに始めてトライする方、また始めたばかりの方には、当然ですが風が穏やかな日の方が向いています。

風が弱いと、スピードはあまり出ませんが、タックやジャイブを始め一通りのスキルを練習するにはベストです。

順調にスクールを進めていければ、初日からでもボードの進行方向を変えたりという操作もできるようになります。自分の操作を通じてボードが思ったように動いてくれると楽しさも倍増です。

強風でのウインドサーフィンスクール

風が強いと最初のうちはボード上でバランスを取るのも難しくなるので、少し大変です。ただボード上でふらつくのも最初の30分くらいなもんです。

「バランスを崩してボードから落ちる→再びボードに乗ってチャレンジ」を何回か繰り返していくと、徐々に体の使い方・体重のかけ方が分かってきます。

最初は”これ無理かも…”と思っていたのが、いつの間にか”なぜか乗れてる…”に変わっていくのもおもしろい所です。しかもほんの数十分という短時間で。

ボードに乗って風を受けて進めるようになると、ウインドサーフィンの醍醐味である疾走感が待っています。体験初日でも今まで味わったことのない刺激を体感することができるかもしれませんよ!

天気や風に関しては我々ではどうしようもないことですが、その日のコンディションに合わせた道具をチョイスすればどんな風でも楽しく遊べます!

あまりコンディションにこだわり過ぎると、今日は風が弱くてつまらないからとか、風が強過ぎて怖いからとかいう理由で家から出れなくなってしまいます。
コンディションについて考えるのは程々にしておくというのがウインドサーフィンを楽しむ一つのコツかもしれませんね。

これから梅雨時期で風が強い日は少なくなりますが、基本スキルを磨くには絶好のコンディションです!是非スクールでお待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP